飲むときの注意点

curative

レビトラは、さまざまなED治療薬の中でも特に効き目が安定しており、即効性もあるので、EDになりたての人でも違和感なくスムーズに使えるという特徴があります。世界初のバイアグラ、持続力が高くて人気があるシアリスの陰に隠れがちですが、実は優れた逸品なのです。
とはいえ、もちろん好き勝手にテキトーに飲んでいい薬ではありません。特にED治療薬はすべてそうですが、いくつか副作用も報告されているので、そこには注意する必要があります。副作用について知り、それが出ないように気をつける必要があるのです。
ED治療薬の副作用としてよく知られているのは頭痛や顔のほてりなどといったものです。これは、ED治療薬に含まれている「血管拡張作用」によってもたらされるものであるとされています。レビトラを含むED治療薬は、有効成分がEDの直接原因をブロックし、滞りなくスムーズに勃起できるようにしてくれます。さらに性器の血管を拡張し、血液をより多く流入させることによって勃起を太く、たくましいものにしてくれる効果も持っています。
しかしこの血管拡張作用は、時として少々効きすぎて、副作用になってしまうことがあるのです。

レビトラの場合、それを避けるには以下に挙げることを守る必要があります。
薬を飲むとき、グレープフルーツジュースを使わないこと。そして1錠飲んだら、24時間以上の間隔をあけること。
グレープフルーツジュースに注意すべきなのは、グレープフルーツにはレビトラの有効成分の血中濃度を高める働きがあるとされています。血中濃度が高まるとより血管の拡張が進むので、その分だけほてりや頭痛が大きく出てしまいます。
また、ED治療薬の薬効成分は「摂り過ぎ」が禁物であり、そのために24時間以内に2錠のむことは厳禁とされています。薬の効き目が強すぎて、勃起がスムーズになるどころか副作用しか出ない、なんてことにもなりかねないので要注意なのです。